校長室から

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

前月 翌月

指定月+前月分表示

2018年11月〜
2018年8月〜
2018年6月〜
2018年5月〜
2018年1月〜
2017年12月〜
2017年10月〜
2017年9月〜
2017年7月〜
2017年6月〜
2017年5月〜
2017年4月〜
2017年1月〜
2016年2月〜
2015年12月〜
2015年10月〜
2015年9月〜
2015年8月〜
2015年7月〜
2015年5月〜
2015年4月〜
2015年3月〜
2014年12月〜
2014年11月〜
2014年10月〜
2014年9月〜
2014年7月〜
2014年6月〜
2014年5月〜
2014年4月〜
2014年3月〜
2014年1月〜
2013年12月〜
2013年11月〜
2013年10月〜
2013年9月〜

  2014年9月〜2014年8月分を表示しています。

下の畑 2014/09/09
 7月4日に仙台白菜の種とり作業を行い、9月9日にその種の植え付けを行った。また、新しい白菜の1年が始まる。今回も明成高校の高橋先生のご指導をいただきながら、小学生全員で植え付けを行うことができた。

 今回の植え付け場所は、寒風沢と野々島を結ぶ渡船乗り場のすぐ近くで、まさに学校の下の畑と言える場所に位置している。下の畑というと、「下ノ畑ニ居リマス」という言葉が頭に浮かぶ。これは羅須地人協会の入口脇の黒板に書かれてあった宮澤賢治の言葉だが。賢治はこの下の畑でいろいろな野菜を栽培していたそうです。

 白菜を栽培する活動を通じて、下の畑で野菜の手入れをしている賢治の姿に思いをはせながら、先人が苦労の末に開発した仙台白菜のことや、その発祥の地である浦戸の歴史を子どもたちにしっかりと伝えていきたいと思う。



管理用
2ヶ月カレンダー 1.01