2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

前月 翌月

指定月+前月分表示

2017年7月〜
2017年6月〜
2017年5月〜
2017年4月〜
2017年3月〜
2017年1月〜
2016年12月〜
2016年11月〜
2016年10月〜
2016年9月〜
2016年8月〜
2016年7月〜
2016年6月〜
2016年5月〜
2016年4月〜
2016年3月〜
2016年2月〜
2016年1月〜
2015年12月〜
2015年11月〜
2015年10月〜
2015年9月〜
2015年8月〜
2015年7月〜
2015年6月〜
2015年5月〜
2015年4月〜
2015年3月〜
2015年2月〜
2015年1月〜
2014年12月〜
2014年11月〜
2014年10月〜
2014年9月〜
2014年8月〜
2014年7月〜

  2016年8月〜2016年7月分を表示しています。(1/2)

塩竈市中学校駅伝競走大会 出場 2016/08/31
 8月31日,宮城県総合運動公園宮城スタジアム周回コースにて,塩竈市中学校駅伝競走大会が開催されました。当日朝は台風の影響が心配されましたが,気温も上がり暑い一日となりました。走る前の選手達は,緊張しながらも,自分のスタートの時間に合わせてアップを行い,応援生徒達は,率先して荷物を運ぶなど,協力して選手をサポートしました。

 14時に男子がスタートし,1区の本郷祈和人くんが走り出しました。応援の生徒達は,声がかれるくらいに必死に応援しました。その後も阿部慎ノ介くん,島津和人くん,藤田晴斗くん,黒澤圭くん,アンカーの芳賀駿介くんが一生懸命な走りを見せ,浦戸中のたすきを繋ぎ,無事にゴールすることができました。走り終えた選手たちは,やり遂げたという安堵と,達成感に満ちた顔をしていました。

 その日に行ったミーティングでは,「辛かったけれど,みんなの応援が聞こえて,頑張ることができた。」「やり遂げることができて,本当に良かった。」などという選手たちの声が聞こえました。

4年ぶりの挑戦となった今年度の駅伝練習と大会出場を通して,子ども達は努力を継続して乗り越えることの大切さ,自分を支えてくれる仲間の温かさなど,多くを感じ取ることができたようです。今後も今回の経験を生かし,様々なことに挑戦し,大きく成長していってほしいと思います。









担当:椎根

“仲間との思い出がたくさんできる,一番楽しい学期” 2学期が始まりました 2016/08/26
 8月26日(金)本校講堂において,第2学期の始業式が行われました。
 この週は,火曜日から漢字検定・サマースクール,駅伝練習・部活動が行われていましたので,多くの児童生徒は学校に来ていました。しかし,始業式が行われ正式に第2学期が始まるこの日は,児童生徒も心なしかちょっと緊張,ちょっとワクワク,といった表情で登校してきました。

 「隣や前後の人と,夏休みに頑張ったことを話してごらん。」という校長先生の笑顔の誘いで始まった始業式。子供たちもにこにこしながら友達と夏休みに頑張ったことやその成果を語り合っていました。そして,中3の生徒は受験勉強,小6の児童は国語の自主学習を頑張ったことを発表してくれました。

 それに続けて,校長先生が語られた2学期のキーワードが『自分から行う』ことです。「人に言われてから行動するのでは,本当の良さはでず本当の楽しさを味わえません…自分から動いた方が楽しくて頑張りがきき充実感も味わえるのです。」お互いを思いやりながら積極的に行動することを期待しています。

 また,7名の児童生徒の代表からも第2学期の抱負が発表されました。「礼三息やあいさつをさらにきちんとし」「友達と仲良く・お互いに協力し合って」「体力を付けて」「自主学習を頑張り・本をたくさん読んで」,「小学生の手本になって」,そして「みんなと一緒にACT演劇活動を頑張りたい!」など,個人で,学級で,みんなで実現させたい目標を顔を上げ力強く発表する姿が頼もしかったです。

 第2学期は,4ヶ月と一番長い学期ですが,みんなで力を合わせて成し遂げたり自分の将来について考えたりする行事もたくさんあります。校長先生曰く「仲間との思い出がたくさんできる,一番楽しい学期」。児童生徒一人一人が自分の成長を実感できる,また,御家庭や地域の皆さんと感動を分かち合える,そんな実り多い充実した学期にできるよう,教職員一同も頑張ります!
                                  








担当:菅原

1学期終業式 2016/07/20
 7月20日水曜日,梅雨明けを期待させる爽やかな夏の日に,1学期を締めくくる終業式が行われました。斎藤博厚校長から1学期を総括するお話がありました。児童生徒達は背筋をピンと伸ばしてお話に聞き入っていました。

 児童生徒代表の挨拶には,小学校4年の菅井日心さん,山木深生佳さん,6年の渡辺瞳さん,中学校1年の黒澤圭くん,2年の菊池莉穂さんでした。それぞれ今学期の自分をそして自分の学級を振り返り,良かったことや改善すべき点を挙げ,2学期につながる前向きな発表を行うことができました。安全で充実した夏休みを過ごし,2学期もさらに実りある学校生活を送ってほしいと思います。

 その後のACT集会では,秋の公演の配役発表がありました。一人一人に渡された台本を大切そうに胸に寄せる姿も見られました。さらに,場を講堂後方に移して県総体の壮行式が行われました。中学2年の島津和人君が22日から始まる陸上競技の男子100Mに出場します。顔を真っ赤にしてのエールや講堂いっぱいに響く歌声……。みんなを笑顔にする心のこもった式でした。和人くんの健闘を祈ります!

 最後に,私事で恐縮ですが,過日骨折してしまい松葉杖生活となりました。大変な迷惑をかけてしまったにもかかわらず,職員はもちろん,地域の方,保護者の方,誰もが温かい行動や言葉で支えてくださいます。なかでも子どもたちが我が事のように心を痛め,寄り添ってくれる姿には心底励まされました。浦戸の子どもたちの優しさは全国に誇れると確信しました。                            












担当:白鳥

塩竈みなと祭「よしこの塩竈パレード」参加 2016/07/18
 7月17日(日),18日(月・海の日)は,「第69回塩竈みなと祭」が開催されました。我が浦戸小中学校は,「よしこの塩竈踊り」2度目の挑戦となりました。今年も『よしこの連』の皆さんに来ていただき,踊りの指導をしていただきました。昨年度,浦戸小中学校独自の踊りを創作しましたが,今年は,それをさらに極めようということで,児童生徒の実行委員を中心に練習を重ねてきました。

 今年の浦戸小中学校のテーマは「一心同体」です。島の宝である子どもたちと気合いの入った大人たちが,大好きな海への思いを踊りに込めました。“海のように威勢良く”そして,指先や足先までこだわった演舞を目指しました。

 結果は,「中学生の部」での優勝(市長賞),そして,何と2年連続「総合優勝」もいただきました!「一心同体」の姿勢が踊りになった結果だと思いました。浦戸のことをあたたかく見守り,応援してくださるたくさんの方々のおかげだと強く感じました。観客の皆さんから「本気になって声を出している子どもたち,先生,親が一つになっていた!」「一人一人の子どもたちが全力で小さい子も一生懸命指先を伸ばそうと踊っているのを見て,涙がこぼれた!本当に素晴らしかった!」等,嬉しい言葉をたくさんいただきました。

 2度目の挑戦となった祭参加を通して,改めて浦戸の子どもたちの素直な心と姿勢を誇らしく思いました。そして,一人一人の存在が本当に大きいと感じました。常日ごろの子どもたちの素直な姿,保護者の皆さんと教職員の思いがこの踊りで表現されたものだと思いました。浦戸小中学校のさらなる可能性を感じる,祭の参加となりました。皆さん!感動をありがとうございました。











担当:松崎


仙台味噌 仕込み体験 2016/07/14
 7月14日(木)に明成高校の高橋信壮先生を講師としてお招きし,仙台味噌の歴史や味噌の仕込みについて教えていただきました。

 仙台味噌の歴史については,5・6年生に家庭科の授業として,日本の伝統食のご飯,お味噌汁のことも交えてお話をしていただきました。
仙台味噌の歴史は古く,戦国時代の伊達藩が400年前に作ったものであることを教えていただき,子どもたちは古くから伝わっている調味料であることを聞いてとても驚いていました。

 味噌の仕込みは,児童全員で教えていただきました。蒸かした大豆を実際に口にして食材そのものの味を確かめたり,米麹のにおいを嗅いでみたりするなど,一つ一つの材料の特徴を感じ取りながら仕込み作業に取り組みました。

 日本人にとって大切な味噌の仕込みを体験することができ,食への関心が高まるとても素晴らしい機会をいただいたと感謝しております。味噌が出来上がるまで子どもたちと一緒に楽しみにしたいと思います。

担当:芳賀

次へ→

12

管理用
2ヶ月カレンダー 1.01