2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

前月 翌月

指定月+前月分表示

2017年9月〜
2017年8月〜
2017年7月〜
2017年6月〜
2017年5月〜
2017年4月〜
2017年3月〜
2017年1月〜
2016年12月〜
2016年11月〜
2016年10月〜
2016年9月〜
2016年8月〜
2016年7月〜
2016年6月〜
2016年5月〜
2016年4月〜
2016年3月〜
2016年2月〜
2016年1月〜
2015年12月〜
2015年11月〜
2015年10月〜
2015年9月〜
2015年8月〜
2015年7月〜
2015年6月〜
2015年5月〜
2015年4月〜
2015年3月〜
2015年2月〜
2015年1月〜
2014年12月〜
2014年11月〜
2014年10月〜
2014年9月〜

  2016年5月〜2016年4月分を表示しています。(1/3)

ニコン中学生フォトブックプロジェクト 写真講習会 2016/05/27
 中学生対象の「ニコン中学生フォトブックプロジェクト」写真講習会を5月27日に行いました。この講習会は東日本大震災復興支援の一環として被災地三県の沿岸地域の中学校を対象に,株式会社ニコンの主催で行われている事業で,今年で5年目を迎えます。

 今年度は1年生が「基礎編」,2・3年生が「一眼レフ編」の2クラスに分け,講習会を行いました。講師の先生方に,丁寧にカメラの操作方法(露出補正やピント調整等)や,構図の取り方,思い通り撮影をするためのコツなどを教わると,生徒たちは早速撮影実習で実践し,お互いの作品を楽しそうに見せ合っていました。特に本格的な一眼レフを手にした生徒たちは,色々な操作方法を試しながら夢中になってシャッターを切っていました。

 これから生徒たちは,「浦戸の自然の美しさ」をテーマに,学校から塩竈マリンゲート桟橋までの間を「撮影時間」として特別に設定し,島の名所や市営汽船からの風景を撮影する実習活動を行います。そこで撮りためたデータから1枚選択し,文化祭に展示したり写真コンクールに応募するなど活用していきたいと思います。また,年度末にはニコン様から写真集として製本され,生徒たちに配付頂いています。

 生徒たちの感想からは「主役が白だったので,モノクロ撮影してみた。」「写真を撮ることに時間忘れて夢中になってしまった。」などの声が寄せられました。美しい自然に囲まれた浦戸諸島だからこそ見られる,とっておきの風景を,子どもたちの素直な感性で切り取り,作品として今後も発表していきたいと思います。

 最後にこの場を借りまして,今年度もお世話になりました株式会社ニコンの稲葉雅之様,小松俊也様に厚く御礼申し上げます。大変ありがとうございました。









担当:熊谷

あさり採取 2016/05/24
 5月24日(火),風もなく波も穏やかな晴天の日に,あさり採取を行いました。

 事前指導の際,今後もあさり採取を続けていくために,稚貝は海に返し自然環境を保護すること,海の恵みをありがたくいただくということを,全体で確認してから活動に取り組みました。

 熊手で砂浜をかきながら手であさりをさぐりあて,大きなあさりを見つけ出すと,歓声をあげたり,周りの友達や先生に見せたりしながら楽しそうに活動しました。最後は夢中になってバケツ一杯になるまで採る姿もありました。また,浜辺ではヤドカリやカニ,イカの幼生など,あさり以外の小さな生き物たちとの出会いもあり,児童生徒たちは浦戸諸島の豊かな自然を改めて実感することができました。

 今年度の取れ高は合計87.5キログラムでした。新たに「重さあてクイズ」も催され,500グラム違いの「87キロ」と書いた児童が1位になったことがお昼の放送で発表されると,校内に驚きの拍手が響き渡りました。その日,児童生徒たちはあさりを嬉しそうに持ち帰りました。

 今年度の活動も,浜までの山道の整備や海浜清掃などで島民の方々にお世話になりました。浦戸諸島の方々の温かいご支援で,自然体験学習を行うことができることを児童生徒と共に感謝いたします。









担当:櫻井

生徒会総会 2016/05/20
 5月20日(金)に,生徒会総会が行われました。

 総会では,生徒会長の三浦萌々葉さんが「たくさんの意見を出し,より良い総会にしましょう」とあいさつを述べました。その後,生徒会執行部と各専門委員会,部活動の平成27年度の活動報告がありました。平成28年度の活動計画についても,多くの生徒たちから質問や意見が出て,活発な議論を行うことができました。

 1年生も初めての生徒会総会でしたが,一生懸命に話を聞き質問を行っていました。最後に松ア教頭先生から「やってもらって当たり前ではなく,だれかにしてあげる幸せを味わってほしいと思います。一緒に活動していく仲間と自治的な活動を行っていきましょう。」とお話をいただきました。また,「自治」「自浄」という言葉が生徒たちに贈られました。

 今後も生徒自らがたくさん意見を出して,より良い生徒会活動を行っていってほしいと思います。







担当:椎根

平成28年度 運動会 2016/05/14
 第12回運動会が5月14日(土),恵まれた快晴の中行われました。
 
 児童生徒で組織する運動会実行委員が考案した今年度の運動会スローガンは「見せつけろ!みんなの闘魂!!全力を出し切って優勝目指せ!!!〜新しい運動会をつくりだせ 熱く燃えろ浦戸魂〜」でした。今年度も実行委員を中心に練習や準備等を児童生徒の手で行わせることで,より主体的に運動会を運営することができました。

 保護者や来賓の方々,そして浦戸諸島の地域の方々の大きな拍手の中,入場行進が始まりました。小学校1・2年生による「誓いの言葉」では,堂々とした発表に大きな拍手をいただきました。そして,12種目にもなる熱戦が繰り広げられました。

 特に今年度は,保護者の皆様の中からも運動会実行委員を立ち上げていただき,豊富なアイデアから親子競技の「キャタピラーリレー」や児童生徒保護者地域競技としてお馴染みの「簾っかけ競走」もリニューアルすることができました。新たな競技を加え,白熱した戦いが繰り広げられ,会場が一つになって大いに盛り上がりました。

 勝敗の結果はわずか10点の差で白組が勝利しました。団長を中心に勝負にこだわり,最後まで一生懸命に頑張る姿がとても印象的でした。笑顔あり,そして涙ありの運動会でした。

 最後に閉会式の中で「浦戸諸島,浦戸小中学校,一心同体」という言葉を掲げ,いつもお世話になっている浦戸諸島の各島の方々に向けて感謝のエールを行いました。

 児童生徒,保護者,ご来賓,地域の方々,職員がまさに「一心同体」となった,素晴らしい運動会を行うことができました。お越しになっていただいた方々に改めて感謝を申し上げます。













担当:川嶋


桂島「浦戸番屋」贈呈式 2016/05/01
 5月1日(日)に,桂島に新しくできた「浦戸番屋」の贈呈式がありました。浦戸小中学校では,贈呈式のアトラクションとして,中学生による「うなばら太鼓」を披露してきました。

 入学して1カ月の1年生も,短い練習期間でしたが立派に演奏に参加することができました。先輩方に囲まれて演奏する姿は,もう立派な太鼓奏者でした。これからも練習を重ねて,聴く人に感動を与えるような演奏を目指してほしいです。





担当:酒井

次へ→

123

管理用
2ヶ月カレンダー 1.01