2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

前月 翌月

指定月+前月分表示

2017年11月〜
2017年10月〜
2017年9月〜
2017年8月〜
2017年7月〜
2017年6月〜
2017年5月〜
2017年4月〜
2017年3月〜
2017年1月〜
2016年12月〜
2016年11月〜
2016年10月〜
2016年9月〜
2016年8月〜
2016年7月〜
2016年6月〜
2016年5月〜
2016年4月〜
2016年3月〜
2016年2月〜
2016年1月〜
2015年12月〜
2015年11月〜
2015年10月〜
2015年9月〜
2015年8月〜
2015年7月〜
2015年6月〜
2015年5月〜
2015年4月〜
2015年3月〜
2015年2月〜
2015年1月〜
2014年12月〜
2014年11月〜

  2015年12月〜2015年11月分を表示しています。(1/2)

2学期終業式 2015/12/22
 12月22日(火)に2学期の終業式を行いました。

 校長先生からは,今年のノーベル医学生理学賞を受賞した大村さんを例に挙げて,たくさん失敗しそこから多くのことを学んで成長してほしいというお話がありました。

 各学級代表の児童生徒が,「2学期を振り返って」と題して学習や生活を振り返り,充実した学校生活を送ることができたことを発表しました。どの児童生徒も落ち着いて立派な態度で発表ができ,いい2学期の締めくくりができました。









担当:手島

クリスマスバイキング給食 2015/12/18
12月18日(金)は,毎年児童生徒が楽しみにしている「クリスマスバイキング給食」がありました。

 メニューはクロワッサン,骨付きチキン,エビフライ,カラフルサラダ,アメリカンドッグ,スマイルポテト,フライドポテト,スピン揚げ,カレースープ,飲むヨーグルト。デザートにフルーツカクテルポンチとミニケーキ(ホワイト・チョコ・イチゴの中から2種類を選択)がつきました。年に数回の特別な給食を楽しみにしており,「毎日この給食でもいいです!」との声も聞こえてきました。

 また,サンタクロースに扮した中学3年生によるケーキや演劇自主公演(ACT)のDVDを配るサービスも毎年恒例と菜って盛り上がり,とても和やかな雰囲気の会食となりました。







担当:岩本

シェイクスピアカンパニーワークショップ 2015/11/30
 11月30日(月)の3校時,シェイクスピアカンパニーの皆さんにお越しいただき,演劇のワークショップを行いました。

 シェイクスピアの「ヴェニスの商人」を江戸時代風にアレンジし,言葉も東北の方言に直した脚本のもと,小学1〜3年生,小学4〜6年生,中学生の3つのグループに分かれて演技指導をしていただきました。

 最初は慣れない言葉や,時代背景に苦戦していた子どもたちでしたが,慣れてくるにつれて,自ら工夫して演技できるようになり,終わったときには「おもしろかった」「もっと方言について勉強したい」「来年のACTに活かしていきたい」といった感想が多くあり,充実した活動とすることができました。







担当:佐藤

未来へススモーション!「わたしたちのふるさと,10年先の物語」 2015/11/29
 平成27年7月1日(日)から8月31日(月)にかけて内閣府復興庁で募集があった未来へススモーション!「わたしたちのふるさと,10年先の物語」―東北を元気にする作文に我が中学3年生の栄田乃里香さんと荻原有夏さんが共同作品として「私との約束」という作品を応募しました。この作文募集は,子どもたちの「未来への希望や夢」を描いた作文を募集し,未来を感じる気持ちを共有し,『自ら進む』原動力へとつなげていくことを目指して展開されたものです。

 岩手県,宮城県,福島県に住んでいるまたは,住んだことのある小学4年生から中学3年生を対象に募集がありましたが,数多くの作品の中から優秀賞2作品,最優秀作品1作品が選ばれました。二人の作品は,その優秀賞を受賞し,11月29日(日)岩手県盛岡市内で行われた表彰式に参加してきました。当日は,多くの報道陣に囲まれる中,本企画委員長を務める俳優の別所哲也さんから賞状を手渡されました。賞状授与の後にその作品を朗読し,皆さんからあたたかい拍手をいただきました。 

 二人が作った作文は,浦戸に住む白菜農家の女の子が震災をとおして,改めて自分と向き合い,ふるさとを思う物語になっています。母から受け継いだ白菜を今度は自分の娘につなげていくという,根底に流れる母の愛や親子の絆を感じる素晴らしい作品です。

 インタビューで「白菜の種は小さいけれど,同じようにこの作文を読んだ人の心に小さな種を蒔くことができたら嬉しいです。」と答えた二人の姿は大変誇らしく,まぶしいくらいに輝いて見えました。二人の素晴らしい朗読に会場中が涙を流し,大きな感動で包まれました。

栄田乃里香さん,荻原有夏さん,本当におめでとうございました。







担当:松ア

中2・職場体験 2015/11/25
 11月25日から27日までの3日間,中学2年生5名が職場体験に取り組みました。職業や働くことへの理解を深めたり,社会人としての礼儀作法やコミュニケーションの在り方を学ぶことが目的でした。体験先は,海上保安部,消防署,工務店,食品製造販売,病院,写真館・美容室……と職業は多岐にわたりました。1人で職場に臨むのは緊張や不安も大きかったと思いますが,それぞれ一生懸命取り組んできたようです。

 期間中,担当で体験先を巡回しましたが,どの体験先の方々も温かく受け入れ,丁寧に指導してくださる様子に頭が下がる思いでした。終了後,それぞれが自分の経験を生き生きと報告し合う様子が見られ,その表情は達成感で輝いていました。この経験を自信にして今後に生かしてほしいと願っています。

 現在,礼状を書いたり,まとめの新聞を作っているところです。12月11日の学習参観で発表する予定です。











担当:白鳥

次へ→

12

管理用
2ヶ月カレンダー 1.01