2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

前月 翌月

指定月+前月分表示

2017年9月〜
2017年8月〜
2017年7月〜
2017年6月〜
2017年5月〜
2017年4月〜
2017年3月〜
2017年1月〜
2016年12月〜
2016年11月〜
2016年10月〜
2016年9月〜
2016年8月〜
2016年7月〜
2016年6月〜
2016年5月〜
2016年4月〜
2016年3月〜
2016年2月〜
2016年1月〜
2015年12月〜
2015年11月〜
2015年10月〜
2015年9月〜
2015年8月〜
2015年7月〜
2015年6月〜
2015年5月〜
2015年4月〜
2015年3月〜
2015年2月〜
2015年1月〜
2014年12月〜
2014年11月〜
2014年10月〜
2014年9月〜

  2015年5月〜2015年4月分を表示しています。(1/3)

救命講習会 2015/05/26
 5月26日(火)6時間目,塩釜消防署の4名の救急救命士の方を講師としてお招きし,「救命講習会」を行いました。
突然の事故に遭遇した場合に備え,落ち着いて適切な処置ができるようにすることをねらいとして,小学5,6年生と中学校全学年,先生方が参加しました。

 始めに校長先生から,身近で起こった体験を通して救命講習会を行うことの意義と適切な処置をすることを学び,いざという時のため役立つものにしてほしいとのお話がありました。
講習会では,心肺蘇生トレーニングキット「あっぱくんライト」を使用した心肺蘇生法やAEDの使い方について,4つのグループに分かれて行いました。

 救急救命士の方からは「救急隊が到着するまで質のよい心肺蘇生を」「心臓圧迫は押して戻すような感じで」などアドバイスを受けました。今回初めて参加した小学生は,胸骨圧迫を30回を繰り返し行った後にはその大変さに汗をかく様子が見られました。

 1時間の講習を終えて,児童生徒からは「忘れかけた心肺蘇生法のやり方を定期的に行う講習によって覚え直すことができ,救急救命士の方の分かりやすい説明や実演で自分たちでやる時にはスムーズに進めることができた」「救命講習会を通して,命をつなぐことの大切さを学んだ」との感想があり,救命講習会を毎年行うことの大切さを実感していることがうかがえました。

 最後に,お忙しい中ご指導いただきました塩釜消防署の救急救命士の方々に感謝申し上げます。







担当:安倍

ニコン中学生フォトブックプロジェクト 写真講習会 2015/05/21
 中学生対象の「ニコン中学生フォトブックプロジェクト」写真講習会を5月21日に行いました。この講習会は株式会社ニコンが東日本大震災復興支援の一環として被災地三県の沿岸地域の中学校を対象に行っている事業で,今年で4年目を迎えます。

 これまで生徒たちは,学校に寄贈頂いたデジタルカメラを一台ずつ持ち,登下校時などで目にした「浦戸の自然の美しさ」をテーマに,撮影してきました。撮りためたデータから1枚選択し,A3に引き延ばしていただいた作品は,文化祭に展示したり写真コンクールに応募するなど活用の幅を広げています。また,年度末にはフォトブックして製本され,生徒たちに配布頂いています。

 今年度は新たな提案を頂き,1年目生徒対象の「基礎編」と,2・3年目生徒対象の「一眼レフ編」の2クラスに分け,講習会を行いました。講師の先生方に,丁寧にカメラの操作方法や,構図の取り方,思い通りの撮影をするためのコツなどを教わると,生徒たちは早速撮影実習で実践し,お互いの作品を楽しそうに見せ合っていました。特に本格的な一眼レフを手にした生徒たちは,初めての体験に夢中になってシャッターを切っていました。

 また後日,学校からマリンゲート桟橋までの下校の間を「撮影時間」として特別に設定し,島の名所や市営汽船からの風景を撮影する実習活動も行いました。普段はなかなかゆっくり立ち寄れない場所で,美しい風景を存分に写真に収めることができ,生徒たちは満足そうな表情を浮かべていました。

 生徒たちの感想からは「明るさなどカメラの設定を調整することで,思い通りの写真が撮れて嬉しかった」,「教えて頂いた知識を生かして,これからどんどん撮影したい」などの声が寄せられました。美しい自然に囲まれた浦戸諸島だからこそ見られる,とっておきの風景を,子どもたちの素直な感性で切り取り,作品として今後も発表していきたいと思います。

 最後にこの場を借りまして,今年度もお世話になりました株式会社ニコンの稲葉雅之様,小松俊也様に厚く御礼申し上げます。大変ありがとうございました。







担当:櫻井

あさり採取 2015/05/20
 5月20日(水),晴れやかな空の下,あさり採取を行いました。今年度のあさり採取は,本校の特色ある学習として新設された「浦戸科」の授業の中で行われました。

 事前指導の際に,これからも毎年あさり採取を続けていくためにはどのようにしていけばいいかを児童生徒に考えさせました。そして,取れ高をある程度設定し,稚貝は確実に海に返すなど,自然環境を保護し,海の恵みをありがたくいただくという観点で活動に取り組ませました。

 活動が始まると,熊手を一かきするだけで4センチメートルもの大きなあさりがすぐに顔を出しました。かけばかくほど出てくるあさりに,児童生徒は持ってきたバケツが一杯になるくらいまで,夢中になって採っていました。あっという間に,目標の量を採取することができました。

 今年度の取れ高は合計115キログラムでした。児童生徒は一人1.8キログラムのあさりを嬉しそうに持ち帰りました。

 今年度の活動も,道の整備や海浜清掃などで島民の方々にお世話になりました。浦戸の方々に支えられて学習を行うことができることを児童生徒と共に感謝しました。








担当:川嶋

小中合同運動会 2015/05/16
 5月16日(土)に,第11回小中合同運動会を行いました。児童生徒が考えた運動会スローガンは「浦小!浦中!真っ最中!勝利を目指せ!運動会!」です。

 今年度は雨天のため講堂での開催となりました。保護者や来賓の方々をはじめ,地域の方々との距離が近く,子ども達の熱戦を間近で感じることができる運動会でした。

 勝敗の結果は白組が勝利しましたが,団長を中心に紅組・白組とも勝負にこだわり,最後まで一生懸命頑張っていました。全種目,安全に笑顔で行うことができました。

 また,浦戸ならではの競技もあり,保護者や来賓の方々,地域の方々も必死になって競技に参加されていました。出場選手としてだけでなく係としての出番も多い運動会で,児童生徒の顔は達成感と充実感で良い表情になっていました。









担当:熊谷

小中合同運動会チラシ配布 2015/05/01
 5月1日に,合同運動会のチラシ配布を行いました。児童生徒は班ごとに,桂島,石浜,野々島,寒風沢,朴島に渡り,1軒1軒にチラシ配布とともにご挨拶をし,島の方と交流することができました。

 今年はチラシを配ると共に,落ちているごみを拾い,自然あふれる美しい浦戸をより美しくすることができました。子どもたちはチラシ配布を終えると達成感に溢れており,5月17日に行われる運動会にたくさんの方が来られるのをとても楽しみにしていました。





担当:佐藤

次へ→

123

管理用
2ヶ月カレンダー 1.01