Page: [0]
スローガン

学校教育目標

主体的に学び,豊かな心を持ち ,たくましく生きることのできる児童生徒を育成する
校是

『創造』 『敬愛』 『健康』 『礼節』
目指す学校像

・『学ぶ喜びと感動のある学校』

・『子どもと共に教師も育つ学校』(「共育の学舎」としての学校)
目指す児童生徒像(小・中の具体的目標)

・『主体的に学ぶ児童生徒』

・『思いやりのある児童生徒』

・『たくましい児童生徒』

・『礼儀正しい児童生徒』
重点努力目標と努力事項

1 小中一貫教育を推進する(「浦戸スタンダード」による指導と校種間交流)

・浦戸スタンダードを基本として,発達段階に応じた指導を継続して行うことによって,学び方,生活の仕方の定着を図る。
・総合的な学習の時間における表現活動を重視し,豊かな心を持ち,自信を持って自己表現できる児童生徒の育成を図る。
・各教科・領域における望ましい集団活動と小中の交流活動の推進によりにより,好ましい人間関係を構築し,「共生」と「敬愛」の精神を養う。
・児童会・生徒会活動の中に,小中合同の活動を計画的に取り入れ,小中の交流活動の推進を図る。

2 少人数指導の工夫改善に努め,個に応じた指導を推進する(特性と能力に応じた指導)

・小中乗り入れ授業の実践や複式授業の改善を通して,小中の連携を図り,9年間を見通した学習指導を推進する。
・個の特性や能力を見極め,授業と家庭学習とのサイクル化を図りながら基礎・基本の確実な定着を図る。
・合同道徳の授業を通して,児童生徒の多様な考えを引き出すと共に,豊かな心を育む。

3 地域の環境を生かした特色ある教育活動を推進する(地域や外部関係者と連携した活動)

・豊かな自然環境に触れて浦戸のよさを体験させ,環境教育を推進する。
・地域に残る歴史や文化を学び,浦戸を見つめ,浦戸に親しみ,浦戸を愛する教育を推進する。
・家庭・地域との連携を強化し,開かれた教育の推進を図るとともに,地域貢献の活動を積極的に行う。
地域について

・松島湾内の浦戸諸島(桂島,野々島,寒風沢,朴島の四島)の野々島にあり,特認校として,学区を設定せず児童生徒を受け入れている。桂島東部の石浜地区の黒森付近と舟入島には石器時代の貝塚がある。寒風沢・石浜・桂島が本県における汽船の寄港地であり,中でも塩竈築港以前の港としての役割を果たした。昭和25年塩竈市に編入され,現在に至っている。
 
・海苔,牡蠣の養殖地及び松島白菜の採種地として有名である。しかし,農業・漁業従事者は少なくなり,塩竈市近辺への通勤者が増加した。若年層の流失が激しく,人口も年々減少している。

・平成23年3月11日に発生した東日本大震災の大津波により,浦戸諸島は大きな被害を受けた。特に,野々島・寒風沢・桂島の被害は甚大で家屋の半数近くが全壊した。地域の基幹産業である牡蠣や海苔養殖業にも大きな影響を与えたが,住民は一丸となり復興に前向きに取り組んでいる。
児童生徒・保護者について

・純朴で温和,素直な児童生徒が多く,相互の仲も良い。校種を越えて,上級生が下級性の面倒をよく見る。

・平成17年度から小中併設の特認校として,学区を設定せずに市内外から児童生徒を受け入れている。平成21年度より,特認の児童生徒数が島内の児童生徒を上回り現在に至っている。

・住民や保護者の学校に対する関心は極めて高く協力的であり,PTA活動や学校行事への参加も積極的である。
Page:[0]


表示件数:
(現在8件中/10件/Pageで表示をしています。)




ゆいりんく(Free)
EDIT By CJ Club